定年後のシニアは早朝アルバイト

いわゆるシニア世代になり会社を定年退職したが、まだまだ元気でのんびり趣味をして過ごす気になれないという人が増えているようです。できれば、もっと働きたい、社会の役に立ちたいと思っているシニア世代が多いということでしょう。ただ、仕事をするとなると、一般的には毎日長時間働く必要が出てくるため、元気とはいえ年齢的な健康面での限界もあるでしょうから、本格的に働くことは難しいでしょう。

そんな時に知っておきたいのが、早朝時間帯のみのバイトでシニアを募集している会社があるということです。シニア世代にとっては朝早く起きることは難しいことではありませんが、現役世代は朝早く起きるのが辛いためその時間の勤務は避けたいと思っている人も多いようです。その時間帯をシニア世代の人に任せようという企業が出てきているのです。企業にとっても、これからどんどん増えていくシニア世代の労働力の取り込みは課題の一つですし、うまく活用できれば人件費をセーブしながら、シニア世代の顧客の取り込みにも繋がる期待が持てるということで力を入れ始めているようです。

また、早朝に働く側にとっても、午前中の早い時間に仕事は終了するため、残りの一日のほとんどの時間は自由に過ごすことができる点や、公的年金からの収入に少しでも上乗せができる点がメリットと言えるでしょう。少子高齢化が進む中で、こういった世代のパワーを活かすことによって、日本の活力が維持されることに繋がるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です